医療レーザー脱毛を受ける前に|医療レーザー脱毛,脱毛ケア,口コミ,ランキング

171
現在の口コミ数

医療レーザー脱毛を受ける前に

■医療レーザー脱毛、その前に・・・「カミソリ(シェーバー)での自己処理」

いざ「医療レーザー脱毛を受けよう!」と決めたところで、事前に必要になるのが「カミソリ(シェーバー)での自己処理」。つまり剃毛(ていもう)です。

医療レーザー脱毛の原理は、黒に反応するレーザーの性質を利用したものです。
仮にムダ毛を長いままにした状態でレーザーを照射した場合、毛の全てに反応してしまうため、肌にヤケドを負ってしまいます。

そこで肌表面のムダ毛をキレイに処理し、毛根だけにレーザーを当てることが脱毛のポイントになります。
これが剃毛が必要な理由です。

■剃毛と自己脱毛の違いについて

剃毛は、あくまで肌の表面に出ている部分の毛を「剃る」ことです。
よく「脱毛」と勘違いをしている人もいますが、毛抜きや家庭用の脱毛マシンで毛を抜いてしまうと医療レーザー脱毛を受けることはできないのです。なぜでしょうか?

前述の通り、医療レーザー脱毛では毛根にダメージを与えて新しい毛を生えにくくさせるのですが、その毛根を自分で抜いてしまうということは、せっかくのレーザーが意味を成さなくなってしまいます。

医療レーザー脱毛を受けると決めたら、毛を抜く自己処理はやめましょう。

■上手な「カミソリ(シェーバー)での自己処理」とは?

そうは言っても、意外と知らないのが上手な剃毛の方法。
様々な方法はあるのですが、ここでは大事なポイントをお教えします。

①カミソリ(シェーバー)の選び方
今は複数の刃のものが主流になっていますが、これは肌に余計なストレスをかける、という考え方もありますが、手軽で剃りやすいメリットもあります。
複数刃でも一枚刃でも自分にとって使い勝手がよいものを選び、肌を守るために刃にガードがついているものを選ぶとよいでしょう。
どんなカミソリ(シェーバー)の場合でも、替え刃はまめに取り替えましょう。
同じものを使い続けていると、切れ味が悪くなって肌に負荷がかかるだけでなく、いわゆる“カミソリ負け”を起こしたり、肌を切って傷つけたりしてしまいます。
医療レーザー脱毛を受ける前は特に注意しましょう。

②剃毛のタイミング
医療レーザー脱毛を考えるくらいなので、どちらかというと毛量が多い人が多いと考えられますが、毎日毛を剃ることは肌に負担をかけるのでやめた方がよいでしょう。
無理に毎日剃り続けると、負担がかかった肌は色素沈着を起こして黒ずむことがあります。
医療レーザー脱毛を受けることで、この黒ずみは改善されることもあります。
毛量や部位にもよりますが、1~2週間に一度くらいを目安にするとよいでしょう。
どうしても気になる場合は、肌の状態に気をつけて処理するようにしましょう。
また、生理の前後は抵抗力が落ち気味なので避けた方がよいでしょう。
生理前後の医療レーザー脱毛については、医師に相談してみましょう。

③ムダ毛の剃り方
剃りやすさを考えると「毛の生えている流れの逆から剃る」人が多いと思われますが、実はこの方法はあまりおすすめとは言えません。
剃る時に刃が毛を逆立てるのですが、その際一緒に表皮も逆立ててしまうことが多いのです。
これは“カミソリ負け”を起こす原因になりますから注意が必要です。
少しめんどうかもしれませんが、

・剃りたい毛を温めてやわらかくする(お風呂で温めたり、蒸しタオルを使うなど)
→ お風呂で剃るのはラクなのですが、肌ごとやわらかくなっているので、肌表面の角質も一緒に剃ってしまうことになるので、避けたほうが良いとされています。
・長すぎる毛はハサミでカットする
・シェービングクリームやワセリンを塗って肌を保護してから剃る
→ 石けんやボディーソープが使いやすくて便利なのですが、カミソリ(シェーバー)を使う場合には刺激が強いため肌へのダメージが強すぎることがあります。肌が弱い人や、医療レーザー脱毛を受ける前の人は注意しましょう。
・毛の流れに沿って剃り、剃った後はワセリンを使って肌を保護する

■まとめ

医療レーザー脱毛を受ける前の自己処理として、普段より丁寧にカミソリ(シェーバー)を使ってみましょう。

クリニックによっては医療レーザー脱毛を受ける前に剃毛をしてくれるところもありますが、たいていは有料で、別途数千円かかります。
自分できれいに処理するのが難しい場合は、クリニックで対応してもらう方がよい場合もあります。

ページTOPへ戻る